稜線からの便り

白山と周辺の山歩きが殆どですが、たまに北アルプスへも遠征。

新緑とシャクナゲ

ブナの新緑とシャクナゲの咲き具合をチェックしに、富士写ヶ岳~火燈山へ。
大内コース登山口から暫くで、ミラーさん御夫妻と出会う。久々ですね^^
同じ周回コースをご一緒する。

大内コースのシャクナゲはほぼ全滅状態でした・・。去年秋に狂い咲きした影響か。
ブナの新緑は富士写ヶ岳と小倉谷山の鞍部で淡い緑が綺麗でした。

170423001.jpg 170423002.jpg

不惑新道もシャクナゲの花芽は少ない。それでもGW中はそこそこ見れるでしょう。

170423003.jpg 170423004.jpg

火燈山から下り始めると、見頃のシャクナゲもチラホラ。やはり花芽は異常に少ない
です。今シーズンのシャクナゲはどの山でも、こんな感じかな・・。

170423005.jpg 170423006.jpg

今日はひんやりした風が心地よく、稜線歩きが気持ちよかったです。
そして一緒に歩いてくれたミラーさん、ありがとう。楽しかったです^^

PageTop

シャクナゲ便り

今年の3月は寒く春の訪れが遅い感じだった。桜は開花して数日であっという間に
満開になりもう花吹雪が舞うようになった。里ではようやく新緑の季節の始まり。
この時期に毎年気になる花がシャクナゲ。毎度おなじみの大杉町奥城山へ。

170416001.jpg 170416002.jpg

今年は花芽が少ないです。3年前は足の踏み場もないほど豊作だったけどねぇ・・。

170416003.jpg 170416004.jpg

まぁ数は少なくても綺麗なシャクナゲが見れたので満足です。

3月はトレーニングで雪山も行ってましたが、カメラも持たず日記も書かずでした。
この次日記を書くのは、ブナの新緑が始まる頃になると思います(笑)。

PageTop

テカる峰々

3/12(日)晴れ 金剛堂山

ブナ林の霧氷に淡い期待で向かった金剛堂山でしたが、連敗でした(笑)。
ただ今日は展望が良かったので、先週よりは楽しかったです。
特に御嶽山と乗鞍岳がお日様に照らされて、ピカピカにテカってたのが印象的でした。

下の写真左が、乗鞍岳と御嶽山。写真ではあまり伝わらないかもですが、不気味な位
のテカりようでした(笑)。右は白山をバックに中金剛。

170312001.jpg 170312002.jpg

下の写真左は北アの峰々。薬師岳や北ノ又岳のなだらかな稜線が目立った。
右は奥金剛からの白山。今日はくっきりと見えている。

170312003.jpg 170312004.jpg

今日の主役はやはり乗鞍と御嶽。何度も振り返りながら写真を撮る。
前金剛到着時は、やや雲が多かったが次第に青空が広がってきた。
いつも通り前金剛と中金剛の鞍部でまったり食事休憩。

170312005.jpg 170312006.jpg

山頂付近の雪はとても軽いパウダースノー。今シーズン最後になるだろうスノーシュー
を存分に楽しみながら歩いた。

170312007.jpg 170312008.jpg

今日は前日のトレースがあったので、上りは随分と楽をさせて頂いた(笑)。
お蔭様で早く下山開始できたので、雪が完全に腐りきる前に降りれました。
モフモフとこの冬最後の宇宙遊泳が楽しかったです。

・コースタイム
07:05 スキー場跡発
09:10 金剛堂山着
09:55 金剛堂山発
11:00 スキー場跡着

PageTop

春山気分

3/4(土)晴れ 金剛堂山

毎年冬に訪れる金剛堂山。ブナ林の霧氷を楽しみに出かけましたが、さっぱりでした。
おまけに春霞で眺望もイマイチ。。ただ新雪はたっぷりだったので、ラッセルは
楽しかったです。出発時の気温は -7℃。雪質はサラサラのパウダーだったけど
下山時にはもう腐って、重いパウダーでした。

下の写真左は片折岳に向かう途中の立派なブナ林。右は山頂までもう少し。
本来ならとても綺麗な霧氷が付く所だけど、御覧のとおりの寂しさです(笑)。

170304001.jpg 170304002.jpg

片折岳から山頂に近づくに従って、ラッセルがきつくなっていった。
今日も単独ラッセル。ラッセルおじさんは頑張りました(笑)。
白山は霞んで薄っすらと見えていたけど、北アルプスは全く見えなかった。

170304003.jpg 170304004.jpg

いつも通り中金剛へ向かう。例年より雪庇も緩い。下の写真左が中金剛と奥金剛。
右は中金剛から見た前金剛。新雪で化粧され綺麗だが、木の茶色が・・。

170304005.jpg 170304006.jpg

前金剛と中金剛の鞍部でまったり食事休憩。寒さは全くなく、春山気分だ。
もう冬は終わってしまったんですね。下山中ポツポツと7人程会った。

170304007.jpg 170304008.jpg

今シーズンはブナ林の霧氷が全く見れてない。来週は天気予報では雪マークがあり
もう一度くらい新雪のスノーシューハイクができそうかな?
霧氷祭りを堪能して冬山シーズンを締めたいですねぇ・・。

・コースタイム
07:10 スキー場跡発
08:40 片折岳着
08:50 片折岳発
10:05 金剛堂山着
10:55 金剛堂山発
12:05 スキー場跡着

PageTop

残雪期の風景

2/18(土)曇り一時晴れ 取立山~大長山

昨日の雨で雪がかなり解け、縦溝模様の雪景色は最早残雪期の気配でした。
雪は固く上りは楽だったけど、下りは最悪のモナカ雪で全く楽しめませんでした。
期待した霧氷もなく、白山も見えずでイマイチでしたが、大長山まで行ってきました。
青空が広がったのは大長山滞在中のみなので、写真は大長山付近オンリーです(笑)。

大長山へは、ほぼ中央左の若干緩い尾根を直登しました。
雪は固くスノーシューの爪が良く効いて、上りやすかったが・・。
下るには、かなり苦戦しそうなので、大きく右から巻いて下山しました。

下の写真左は、雲に隠れた白山方面。右は赤兎山。

170218001.jpg 170218002.jpg

山頂はやや風が強かったけど、さほど寒さは感じなかった。
下の写真左は、鉢伏山。鉢伏山の上空が一番空が青かった。右の写真はこれから
大きく巻いて下る尾根を歩いてるところ。

170218003.jpg 170218004.jpg

山頂部の雪はカチコチで全く沈むことはない。広々とした山頂が気持ちイイ。

170218005.jpg 170218006.jpg

下の写真左は大長山にサヨナラしたところ。右はこれから下って、しんどい登り返し
が待っている鉢伏山・・。

170218007.jpg 170218008.jpg

今日は上りより下りが大変だった。新雪がほんの少ししかなく、最悪の固いモナカ雪
にグサグサ足をとられ、全くスピードが出せなかった。いつもなら、真っすぐ降りる
ところを、ジグザグに降りざるを得なかった。
まだ2月なので、これから降雪もあるだろう。もう少しパウダーハイクがしたいですね。

・コースタイム
06:10 R157発
07:35 取立山着
- 板谷の頭と鉢伏山の鞍部で15分休憩 -
08:55 鉢伏山着
09:45 大長山着
10:05 大長山発
11:30 板谷の頭着
11:45 板谷の頭発
13:00 R157着

PageTop