稜線からの便り

白山と周辺の山歩きが殆どですが、たまに北アルプスへも遠征。

盛夏の別山稜線

7/14(土)晴れ チブリ尾根~別山平~南竜

6月末に引っ越しをした関係で忙しく、1ヶ月以上山歩きの間隔が空いてしまった。
今日の目当ては別山平のニッコウキスゲ。いきなり別山もちょっと不安だけど、まぁ
なんとかなるでしょう・・。

こんな感じで体力に不安があるときは原点に戻って、スロースタートが大事。
水場まで全く汗を掻かないほどのスピードで歩いてると、徐々に調子が出てきた。
普段からスクワット等筋力トレーニングをしとけば良いんですが、全くやる気がない。
山のトレーニングは山で。実践あるのみ(笑)。
尾根に出ると、ササユリ、ニッコウキスゲ、ギボウシ等が賑やか。

180714001.jpg 180714002.jpg

今日のチブリ小屋は7人程休憩していて賑やかだった。
朝露が酷くて、びしょ濡れになりながら高度を上げる。
サラサドウダンやオオヒョウタンボクなどが咲いていた。

180714003.jpg 180714004.jpg

別山稜線に出ると北アルプスが鮮明に見えていた。こんな気持ちの良い青空は久々。

180714005.jpg 180714006.jpg

別山山頂で休憩中、上小池からの登山者に別山平情報を聞いてみた。
ニッコウキスゲがそこそこ咲いてるようなので、早速向かう。

180714007.jpg 180714008.jpg

ハクサンシャクナゲが見頃。御手洗池で定番の写真を撮ったら、ニッコウキスゲの撮影
スポットを探し、別山平をうろうろ徘徊する。まぁ、5分咲きくらいかな?
まだまだこれから楽しめそうですよ。

180714009.jpg 180714010.jpg

いつもなら三の峰~杉峠周回で終了するところだけど、この暑さでは六本檜~市ノ瀬間
を歩く気になれない。それより南竜に下ってビールでしょう(笑)。
別山に戻り南竜へ向かおうとすると、ミラーさんが・・。ミラーさんも別山平を見てから
南竜へ下るようだ。そうだよね!やっぱビールだよね!(笑)。

180714011.jpg 180714012.jpg

御砂利から先の稜線はニッコウキスゲ祭りでした。今がピークかな?
コバイケイソウのピークはもう少し先になりそう。コザクラもポツポツ咲き始め。

180714013.jpg 180714014.jpg

180714015.jpg 180714016.jpg

クルマユリやタテヤマウツボグサなど、目立つ花を御嶽や乗鞍を背景に。
天池の花はまだこれから。コザクラが咲き乱れるのは2週間後位か?

180714017.jpg 180714018.jpg

180714019.jpg 180714020.jpg

南竜庭園も小桜が5分咲き程か。涼しい南竜でビールを飲みながら暫しマッタリ過ごす。
時間はまだ早かったけど、体力がないのでもう上る元気は残ってなかった。

180714021.jpg 180714022.jpg

混雑激しい砂防道にはゲンナリしたけど、涼しいバスで楽々下山できるメリットには
勝てなかった(笑)。盛夏の別山稜線は良いですね。ニッコウキスゲは今がピーク
だけど、コザクラはこれからですね。梅雨明けが早かったので、花の時期も長そうです。

PageTop

初夏の別山

6/2(土)晴れ後曇り チブリ尾根~別山~三ノ峰~杉峠

梅雨入りも間近に迫った初夏の別山花便りです。別山はいつも高山植物が早く咲くので
6月に入ると直ぐ毎年訪れる。今年はハクサンイチゲが満開で存分に楽しめました^^。

別当出会まで車が入れるようになり、ガラガラの市ノ瀬を 5:25出発。
猿壁登山口付近で数人に会ったけど、直ぐにいつも通りの静寂の道になる。

180602001.jpg 180602002.jpg

ニリンソウやサンカヨウがまだてんこ盛りで咲いていた。
ブナ林はもうすっかり深緑。尾根に出ると別山谷のダケカンバの新緑が綺麗だ。
これも毎年楽しみにしてる風景です。

180602003.jpg 180602004.jpg

久しぶりのチブリ小屋は相変わらず綺麗に使われている。今日は良い天気なので
入念に日焼け対策をする。軽く食事してから御舎利を目指す。

180602005.jpg 180602006.jpg

御舎利直下にはまだ結構大きな雪渓があり、軽アイゼンを装着。先行者はアイゼン
なしで頑張っている。キックステップも慣れたもの。私はそもそも夏靴なのでキック
ステップは全く刺さらない(笑)。
御舎利に近づくとこの時期おなじみのコメバツガザクラとミネズオウが咲いていた。

180602007.jpg 180602008.jpg

今日の北アルプスは霞んでいた。下の写真右は別山平を背景にミネズオウ。
ちょっと休憩したら早速花を探しに行く。

180602009.jpg 180602010.jpg

ハクサンイチゲがあちこちで満開!この時期としては過去最高レベルで嬉しい^^。

180602011.jpg 180602012.jpg

ハクサンコザクラも見つけ4枚程撮ったけど、全てピンボケ・・。まぁシーズン初めは
こんなもんです(笑)。シナノキンバイも咲いていて初夏の別山はイイね。

180602013.jpg 180602014.jpg

上小池まで車が入れるようになってる筈だけど、意外と登山者と会わない。
静かな別山平で定番の写真を撮る。少し雪が残る御手洗池に映る別山が素晴らしい。

180602015.jpg 180602016.jpg

三ノ峰に向かうと、YAMAさん、みっちゃんと出会う。なんか毎年この時期会ってる
ような・・(笑)。別山平から三ノ峰はあまり花もなく、おまけにガスが沸いてきて
イマイチだ。三ノ峰避難小屋で休憩中、滋賀県から来た登山者と暫し雑談。
夜通し運転し眠らずに登山してるという。若さだねぇ、わしには無理(笑)。

180602017.jpg 180602018.jpg

三ノ峰から下もそれほど花は多くないが、ハクサンチドリが見れて嬉しい。
雪割草が今年も咲き始めていたが、ピンボケがひどくて掲載できず(笑)。

180602019.jpg 180602020.jpg

今日は登ってくる登山者が意外と少ない。毎年この時期結構多くの登山者に会うのに。
ダケカンバの新緑が綺麗だが、曇り空でサッパリ映えない。
六本檜から杉峠に向かう道は結構薮っぽいです。慣れない人にはお勧めできません。

180602021.jpg 180602022.jpg

杉峠の水はちょろちょろですが、流れてました。リュウキンカが満開でした。
杉峠白山展望所で最後の休憩。三ノ峰は見えてるけど、白山、別山とも雲の中。

180602023.jpg 180602024.jpg

杉峠登山口から市ノ瀬に向かって歩き始めるとお日様が出始めて暑くて参りました。
この林道、車道歩きがこのコースの辛いところですねぇ・・。
今度はニッコウキスゲ咲く頃に別山周遊したいけど、林道歩きをなんとか回避したい(笑)。

PageTop

イチゲ咲く頃

5/26(土)高曇り時々晴れ 加賀禅定道 ハライ谷~天池

大変お待たせしました、毎度おなじみ初夏の加賀禅レポです(笑)。
今年は雪解けが早いので、天池先のお花畑に期待し散策に行きました。

ブナの緑はもうすっかり濃くなってきましたね。登山道にはもう殆ど残雪なし。
久々に歩く加賀禅定道はやはりキツイ・・。檜新宮で既にすっかりお疲れモード。

180526001.jpg 180526002.jpg

ダケカンバの新緑が綺麗。これからはダケカンバが主役ですね。
長倉の尾根歩きに差し掛かると、薄雲が掛かり空がすっかり白くなってしまった。

180526003.jpg 180526004.jpg

奥長倉避難小屋には前日泊の荷物が置いてあった。食事してると天池散策した御夫婦が
戻ってきた。そして途中で追い越した3名パーティも到着。こんな賑やかな奥長倉避難
小屋は久々かもしれない。

180526005.jpg 180526006.jpg

美女坂は登山道に全く雪が無かった。百四丈展望台までも、ほぼ雪無しで天池までは
5割程夏道です。早速今日の目当ての高山植物を探しに行く。

180526007.jpg 180526008.jpg

ミヤマキンバイがちょっと目立つ感じで咲いていた。ハクサンイチゲはまだ開花した
ばかり。咲き始めの可愛いのがチラホラ10位ありました。見頃は後10日位先かな?

180526009.jpg 180526010.jpg

天池でマッタリと1時間位過ごした。風は殆どなく半袖が丁度良い感じ。
青空が無かったのが残念だったけど、ウグイスの鳴き声を聞きながら、のんびりと食事
休憩したっぷりと癒されました。

180526011.jpg 180526012.jpg

美女坂の花はミネザクラはもう終わり掛け、可愛らしいヒメイチゲが目を引いた。
ダケカンバは芽吹き寸前で、来週末には見頃を迎えそうです。

180526013.jpg 180526014.jpg

長倉の稜線歩きは、この時期新緑が綺麗なので、まだそれほどきつく感じない。
これから夏に向けどんどん暑くなると、厳しいコースに変貌する。まだ尾根に雪が
若干残ってる今の時期がお勧めかも。

180526015.jpg 180526016.jpg

左下の写真が今日の朝唯一スノースパイクを使用した斜面。下るとミラーさんが。。
随分と遅い時間だねと言うと、寝坊したそう(笑)。

180526017.jpg 180526018.jpg

ムラサキヤシオがあちこちで満開。鮮やかな彩ですね。
下の写真左はしかり場から檜新宮へ向かう途中の谷に寄り道して撮影、右は檜新宮
から下山中のブナ林。

180526019.jpg 180526020.jpg

今日出会った登山者は10名。相変わらず静かな加賀禅定道。来週辺り美女坂の
ダケカンバと天池先のハクサンイチゲを見に行かれてみては?お勧めです。

PageTop

ブナの森逍遙

5/12(土)晴れ 赤兎山

過去の記録を調べてみると赤兎山に来るのは8年振り、8回目。しかも全て三ツ谷から。
今日も三ツ谷から杉峠周回を目指す。ところが道を殆ど覚えておらず、川沿いを彷徨い
歩く。。

180512001.jpg 180512002.jpg

対岸に人の声がして、渡渉ポイントが分かりほっと一息。三ツ谷から小原峠への道を
付けた方の4名パーティでした。助かりました、有難うございます。
残雪が多く、確かにトレースの難しい道だけど、あまりの物覚えの悪さに我ながら
うんざりする(笑)。

180512003.jpg 180512004.jpg

薄雲が掛かり、日差しが弱いためイマイチ新緑が映えないけど充分綺麗。
小原峠辺りは立派なブナが多く、今新緑が一番見頃かな。
今日も山頂からの白山展望が素晴らしい。早速赤兎平から杉峠を望む場所へ。

180512005.jpg 180512006.jpg

杉峠への道も淡い新緑が綺麗だ。残雪もそこそこあり、道がどうなってるのか見当も
つかない。今日は散々道迷いで疲れたので周回は諦めてピストンに変更。

180512007.jpg 180512008.jpg

お向かいの大長山は冬には何度も行ってるけど、夏道で歩いたことはない。
やはり淡い新緑が綺麗だ。今度ニッコウキスゲが咲く頃来てみようかな。

180512009.jpg 180512010.jpg

小原峠から下る頃から青空が覗き、残雪と新緑のコントラストが良い感じに。
やはり新緑は青空がないと映えないですね。新緑に浮かぶ白山を望みながら気持ちの
良い下山。

180512011.jpg 180512012.jpg

今日も静かなブナの森を満喫しました。私は三ツ谷の林道を歩きましたが、やはり
この冬の雪崩跡で荒れており、車で入れるのは登山口かなり手前まで。
そして登山口への渡渉は水量が多くて若干難儀します。残雪トレースも難しいので
あまりお勧めはできませんが、小原峠辺りの新緑は今真っ盛りです。

PageTop

新緑とシャクナゲ

5/11(金)晴れ 鳴谷山

この時期の鳴谷山は随分と久しぶり。5年以上経ってるかな?
今日は平日なので早朝速攻登山。登山口への林道は通行止めなので、自転車で。
もうちょっと楽に行けるかと思ってたけど、結構お疲れで登山口到着(笑)。

鎧壁までシャクナゲがチラホラ咲いてます。下の写真左は鎧壁の残雪と新緑を背景に
シャクナゲという、このコースならではの風景。もう今日はこれを見れただけで満足(笑)。

180511001.jpg 180511002.jpg

鎧壁にある残雪は平らになってるので、夏道を通らず一番上の雪の上を歩けば安全です。
鎧壁から先雪がカチコチなので、軽アイゼン装着。残雪に新緑が眩しい。

180511003.jpg 180511004.jpg

砂御前分岐辺りからは夏道とたまに残雪。標高1450m位からまたカチカチ雪が繋がって
るので軽アイゼン装着。昨日若干降雪があったようだ。
相変わらず白山展望が素晴らしい山頂だ。風も穏やかで日差しが暖かい。

180511005.jpg 180511006.jpg

軽く食事してから下山。帰りも谷側に降りたり寄り道しながら下る。淡い新緑が綺麗
だけど、やや日差しが弱くなり残念。

180511007.jpg 180511008.jpg

サンカンスギやシャクナゲを撮影しながら下ってると、Kさんと出会う。
Kさんのお連れさん3名は、鎧壁へ向かってるとき出会った。
水芭蕉とリュウキンカはまだ雪の下でこれから。

180511009.jpg 180511010.jpg

白から赤まで色とりどりのシャクナゲ。新緑にシャクナゲのアクセントが良い感じ。
まだ1週間程楽しめるでしょう。

180511011.jpg 180511012.jpg

早朝の鳴谷山は静かで爽やかで、とても気持ちの良い山行でした。
こうして新緑を追いかける、5月のこの時期は1年で最も元気の出る季節です。

PageTop